2006年05月20日

Oh,My God!

alpha7です。

さて、5/15の事になりますが、講談社発行の「VoCE」と言う雑誌の記者が東京・池袋にある執事カフェ「Swallowtail」を隠し撮り、即ち、盗撮し、あろう事か店側の許可なく雑誌に掲載してしまった、と言うものです。

Swallowtailについては、以前、ブラジル・米国の両方で記事となっている事をお伝えしました。又、開店後も朝日新聞のニュースサイトAsahi.Comが記事にしていました。
ブラジル・米国の記事は文書のみでしたので、問題なし、としてもAsahi.Comの記事は写真付きでしたので、正式な許可を取ってのものと思われます。

無論、店側がこれを問題として、発行元の講談社に抗議。
すると、その回答は、

先方の担当者からは「何か問題がありましたか」と、悪びれない様子


と言う、かなり噴飯モノの回答が。

店側は無論、これに納得できる筈もなく、対抗策として、

なお,今後は講談社からの取材については一切受けません。


と、店側のページではコメントしています。
コメント原文はこちら。追加情報はこちら

更に、このページによると、雑誌のコメントもツッコミ所満載のようで....

「普通の喫茶店と変わらない」

はい、そうです。普通の店です、中には、メニューの特色を持たせている所もありますが、それを差し引いて考えれば、普通の店ですよ。

「お客さんにコスプレ感がなく、そこは興ざめ」

当方自身、これまでに名古屋・大阪・京都のメイド&レイヤーズカフェに行っていますが、お客さんは極々普通の格好で来てみえます。
それとも、これらの店にはコスプレして行け、とでも言われるのでしょうか??

「(メイド喫茶は)女性の私たちがそこに足を踏み入れることはまずありません」

一寸、待てや〜!
大阪のCCOチャでは女性の姿を店内では見かけませんでしたが、外で待っている人には女性も居ましたよ。又、京都のCafe de Jouleでは、当方の隣が2人組の女性でしたし、名古屋のM's Melodyでは6人組の女性が当方の向かい側の席に座っていました。又、M's Melodyでは「お嬢様専門イベント」と称し、女性のみが参加出来るイベントもあります。
これらの事実、どう説明されるのでしょうかね??

ともあれ、講談社には猛省をお願いしたいものです。
それだけでは無く、再発防止策も...
こういう事がマスコミ規制の口実ともなりかねないのですから...
posted by alpha7 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

New Shop at around OSU,Nagoya

alpha7です。

先週は2回の残業があり、それ以外にも一寸したドタバタがあり....
疲れる一週間でした。

さて、名古屋・大須と言えば東京・秋葉原、大阪・日本橋と並んで「日本三大電気街」の1つですが、東京・大阪の現在を見るまでもなく、「ヲタの街」になりかけている(いや、「なっている」のか??)のは、ご存知の方もお見えになるかもしれません。

その大須近辺に新たに「ヲタ系」のお店が開店しそうです。

これまで、大須近辺あるその手のお店と言うと、Goodwill-AMPの中にあるメイドカフェM's MelodyとレイヤーズカフェComokの2つだけでしたが、これに新たに2店舗ほど仲間が増えそうです。

1つは先の2店舗から程近い場所に、来る6/2に開店予定の「メイドリフレクソロジー・メイドスタイル」。メイドさんがリラクゼーション出来る場所を提供する、と言うもので、既に、東京・大阪ではお馴染みとなっています。

更に、昨年12月、東京・秋葉原のLittleBSDが名古屋・大曽根に「居酒屋十五夜」を開店しましたが、今度は、大阪にあるコスプレカフェ&バーFitting BAR DAPHNEが大須の北にある栄にFitting BAR DAPHNE Nagoyaを来る6月に開店する模様です。
尚、こちらは具体的な開店日は不明となっています。

ウーン、東京・大阪についで、名古屋にも「メイド&コスプレカフェ戦国時代」を迎えるのか??
posted by alpha7 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

Follow up News for WCS2006

alpha7です。

「世界コスプレサミット2006」(WCS2006)の続報です。

TV愛知の公式サイトに詳しい日程が発表されました。
公式サイトによれば、これまで日曜日に行われていたコスプレパレードが土曜日に移動、8/5に行われるとの事です。
日曜日の8/6には、これも予定ですが、名古屋・栄のオアシス21にてイベントを開催する、との事です。

更に、本日5/9、公式サイトにブラジルの参加が正式に発表されました。
遂に、南半球・ラテンアメリカからの初参加が決定!

ウーン、これは見ものになりそうです。

TV愛知の公式サイトはこちら、

-世界コスプレサミット2006(WORLD COSPLAY SUMMIT 2006)-
http://www.tv-aichi.co.jp/cosplay2006/

ブラジルJBCが発行するHenshinのサイトに設けられたWCS2006の公式サイトは
こちら、

World Cosplay Summit 2006 - Etapa JBC Brasil - Editora JBC
http://henshin.uol.com.br/wcs2006/
posted by alpha7 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | WCS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

WCS2006 Offical Page at Brazil

alpha7です。

遂に5月に突入ですなぁ。
名古屋は今日は一寸汗ばむ陽気です。
4月までは寒い日もありましたが、本格的に春、と言った感じです。
明日は仕事ですが、早い時間に上がれそうです。

さて、毎年夏に開催される「世界コスプレサミット」ですが、具体的に日程が公式サイトで発表がありました。日程は8/6。大須夏祭りの一環として開催されます。

そして、WCS関連でもう1つニュースが。
それは、

南半球から初、南米ブラジルからも参加決定!!

した模様です。

Salve! Salve!
(しかし、去年の交流会で言った事が本当になるとは、一寸ビックリですなぁ....)

ブラジルの後援団体はサンパウロ市に本社があるJBCで、来る5/21にサンパウロ市で開かれるBunka Matsuri(文化祭り)でブラジル代表を選抜。
6/3までには公式サイトで代表候補者20組40名を発表、その後、その中から代表を1組2名を選抜する、との事です。

この件については、日本側公式サイトでは発表されていませんが、代表候補が選抜されれば、日本側公式サイトでも発表があるもの、と思われます。

ブラジル側の公式サイトのURLは以下の通りです。

http://henshin.uol.com.br/wcs2006/

2003年に始まったこのイベント、初の南半球からの参加者を加え、正に「世界」を視野に入れたイベントに成長した感があります。
posted by alpha7 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | WCS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

Wikipedia for Anime 2

alpha7です。

以前の記事で日本アニメ関連のWikipediaを紹介しましたが、今回はその続き
になります。
(以前の記事 : http://fanfic.seesaa.net/article/14651451.html


・「カードキャプターさくら」

日本語版はもとより、英語・スペイン語・ポルトガル語・フランス語・ドイツ語と言った世界の主要言語版のものや、それ以外にもオランダ語・ギリシャ語・インドネシア語・中国語・韓国語・イタリア語、更にはヘブライ語(イスラエルの公用語)・タイ語・ポーランド語・ロシア語・スウェーデン語、一寸驚いたものとしてはエスペラント語版が確認できています。

流石、CLAMPのエポックメイキングとなった作品!と言えそうです。

では、主要言語のものを紹介しておきましょう。

英語版(Cardcaptor Sakura - Wikipedia, the free encyclopedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Cardcaptor_Sakura

スペイン語版(Cardcaptor Sakura - Wikipedia, la enciclopedia libre)
http://es.wikipedia.org/wiki/Cardcaptor_Sakura

フランス語版(Cardcaptor Sakura - Wikipédia)
http://fr.wikipedia.org/wiki/Cardcaptor_Sakura

ドイツ語版(Card Captor Sakura - Wikipedia)
http://de.wikipedia.org/wiki/Card_Captor_Sakura

この内、英語版では米国版と英・カナダ・豪(ニュージーランドも含む)・アイルランド版との違いが表記してあったりするので、結構面白く読むことができます。

・「ジーンシャフト」

「さくら」の場合は多数の言語によるWikipediaが確認できていましたが、反対に、この「ジーンシャフト」は日本語以外では1つのWikipedia、それもポーランド語版しか確認されていません。
日本人でも、この作品を知る人はいないと思いますが、ポーランド語版があるのには一寸驚きです。

ポーランド語版(Geneshaft - Wikipedia, wolna encyklopedia)
http://pl.wikipedia.org/wiki/Geneshaft
posted by alpha7 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

AnimeVillage.com

alpha7です。

既報の通り、米国で「エウレカセブン」の放送がCartoon Networkで開始されました。

そして、米国バンダイが運営するAnime Villageが開設され、日本時間の本日から同ページで「エウレカセブン」の第1話「ブルーマンデー」のストリーミング配信が開始されています。

当初、同ページには「米国内のみにダウンロード配信」と記されていたのですが、一応フリーで見る事が出来ようになっていました。
(無論、ダウンロードは「不可!」です。)

早速見てみましたが、面白いのは最初とAパートとBパートの間、OPの後とENDの前にバンダイのCFが挟まれていた事でしょうか。
挟まれていたCFは「エウレカセブン」、「舞Hime」、「ガンダムSEEDデステニー」の3本で、中々見ごたえのあるモノになっています。
又、「エウレカセブン」のCFによれば、米国でも、日本と同じようにメディアミックス化を進めるようで、アニメDVDの他、原作マンガやテレビゲームの販売も推進するようです。

さて、「エウレカセブン」のメディアミックス化、米国では吉と出るか、蛇と出るか....一寸、見ものになりそうです。

尚、Anime VillageのURLは以下の通りです。

Bandai Anime Village
http://www.animevillage.com/
posted by alpha7 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

Witchblade

alpha7です。

4/5の事で、第1話と2話を見逃してしまったのですが、当方の地元CBCが新しい深夜アニメ「ウィッチブレード」の放送を開始しました。

CBCと言うと、現在、土曜朝の「ウルトラ」シリーズを大阪MBSから譲り受け、それ以外にも実写版「セラムン」とか、深夜アニメ「サイカノ」、「砂ぼうず」と言った作品を作り上げてきましたが、又も(と言うのも変かな??)新しい作品を作り出しました。

所で、どうしてこの作品を取り上げたか、と言うと、「制作は日本・東京のGONZOなのですが、「原作は米国・カリフォルニアのTOP COW」と言う一寸変わりダネの作品である為です。
無論、いくら原作が米国といっても、日本で作るわけなので、キャラなどは日本人名になっていますが....

ただ、原作を見てみますと、かなりキワドイ内容であるは間違いないようで、出版コードが日本より数段キツイ米国で良くこんな作品が出てるな、と一寸驚いています。

「ウィッチブレード」とは、日本語に直すと「魔女の刃(やいば)」。
TOP COWのページで原作が一部見る事が出来るので、一度ご覧下さい。

TOP COWのページはこちら、
http://www.topcow.com

「ウィッチブレード」の公式サイトはこちら、
http://www.witchblade.jp/
posted by alpha7 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

CLAMP in United States!

alpha7です。

「アニメ!アニメ!」の去る4/11の記事。Anime News Networkの去る4/10の記事によれば、来る7/1から7/4に米国カリフォルニア・アナハイムで開かれる米国でも最大規模の日本アニメ・漫画のイベント"Anime Expo 2006"の特別ゲストにCLAMPの4人が出席する事が同イベントの主催者の1つFUNimation Entertainmentからアナウンスされた、との事です。

アニメ!アニメ!によれば、CLAMPは既に5月に韓国でのイベントSICAFに出席する事が決定しており、海外でのゲスト出演はこれで2カ国目。
海外でも人気を誇るCLAMPが、その地位を不動にしそうだ、とも言えそうです。
この勢いに乗って、欧州・東南アジア・大洋州・中南米のイベントにも出席する事になるのかもしれませんね。

しかし、最近、CLAMPの4人。女性誌を始め、NHK教育の「トップランナー」にも出演。メディアへの露出が際立っているようです。
人気に陰りが出ているからだ、と言う人もいるようですが、当方としては逆に色々な国に出かけて色々なモノを獲得してきて欲しいと言うのが、ファンの1人としての真摯な願いですね。
posted by alpha7 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

ScreenSaver

alpha7です。

さて、以前、PCの名前の話をしましたが、今回はスクリーンセイバーの話を。

最近、日本では個人情報保護がかなり意識されているせいか、会社などではスクリーンセイバーをパスワード付きでセットしている事が多いようです。

無論、当方も会社・自宅を問わず、スクリーンセイバーをパスワード付きでセットしていますが、このセットしてあるスクリーンセイバーが結構、エッ?と思うようなものをセットしてある方がいるようです。

当方、自宅・会社を問わずWindowsXP/2000/NT4.0(当方宅では今でも健在です)にはログオン画面をセットしているのですが、中には「バーバー○○」とか、「明○チェル○ー」とか、一寸、どこから持って来たの??と思うセイバーをセットしている人がいるようです。

アニキャラ系のセイバーをセットしている人もいるようですが、当方は躊躇してしまいますねぇ....

さて、皆さんはどうしていますか??
posted by alpha7 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

Eureka Seven in United States

alpha7です。

いやぁ、一寸おバカな事をやってしまいました。
Gyaoで「エウレカセブン」の前半部を4/10まで配信している、と言う事もあり、本放送中、しっかりと見る事が出来なかったので、全部見てしまいました。

所で、「アニメ!アニメ!」が4/3に伝えた所では、この「エウレカセブン」、来る4/14から米国への進出が決まっているそうで、Cartoon Networkで放送開始予定だとか。

無論内容が内容だけに、通常の夕方や朝の時間に放送、とはいかなかったらしく、深夜のAdult Swimでの放送です。
まあ、人の手が飛び散ったり、LFOの機銃掃射で多数の人間を吹っ飛ばしたりするシーンが連発したので、「海外での放送だったら、間違い無く深夜だな」と当方、考えていましたので、あまり驚きはしませんでしたが...

だた、「アニメ!アニメ!」が伝えた所で面白い点は、Gyaoが行ったのと同じように米国でも番組無料配信を放映終了後1週間行う所でしょうか。
日本と違ってどう言う反応が米国で出るか、イマイチ不明な所がありますが、成り行きを見守りたいと思います。

米国での放映が迫ってきた事もあり、米国バンダイでは「エウレカセブン」の公式サイトもスタートさせました。
公式サイトはこちら
キャラ紹介や英語版予告編などを見る事ができます。

又、Adult SwimのページではAdult Swim Fixと言う予告編のページがあり、「エウレカセブン」もラインナップに上っていますが、こちらは米国内からでないと視聴不可となっています。
posted by alpha7 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。