2006年07月29日

Follow up News WCS2006 Part.7

alpha7です。

ウーン、7月ももう終わりですなぁ。
7月は忙しく、夜遅くなり、その為、ブログも停滞気味でした。

気を取り直して、WCS2006の続報を。

8/5のタイムスケジュールが若干変更になりました。
昨年はコスプレパレードの後に開かれていた交流会がパレードの前に移動。

13:00から14:30まで大須Goodwill-AMPの5FにあるComokで交流会。
15:30からパレードが大須観音前からスタート。
16:30までコスプレパレードが行われ、途中の万松寺(ばんしょうじ)境内
ミニステージ。
そして、大須観音に戻ってこの日の日程は終了します。

今年は、昨年とはうって変わって後援に政府がついた事もあり、交流会でも
\1000の費用がかかっていたのが、今年はゼロ。
当方も本日、Comokで無料配布している交流会の参加証をいただいてきました。

Ms-MelodyのMaid Unit M's Melodyが万松寺でミニコンサートを開くとの事。
交流会も楽しみですが、こちらも楽しみです。

尚、TV愛知の公式サイトはこちら、

-世界コスプレサミット2006(WORLD COSPLAY SUMMIT 2006)-
http://www.tv-aichi.co.jp/cosplay2006/

ブラジルJBCが発行するHenshinのサイトに設けられたWCS2006の公式サイトは
こちら、

World Cosplay Summit 2006 - Etapa JBC Brasil - Editora JBC
http://henshin.uol.com.br/wcs2006/
posted by alpha7 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | WCS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

Renewal of webpage for M4E

alpha7です。

ドイツで「プリキュア」の版権を持つM4EのWebPageが暫くトップページのみアクセス出来ない状態となっていましたが、この度リニューアルしたようで、以前よりも立派(?)なページに生まれ変わりました。

繰り返すようになりますが、M4Eは「プリキュア」のドイツ語圏での版権を持つと同時に「名探偵コナン」のDVD販売権を持っています。

「プリキュア」は昨年9月からRTL2のレギュラーとなり、「コナン」もドイツではお馴染みとなっていますが、「コナン」のDVD販売時期が一寸疑問でした。

M4Eによれば、2005年3月以来、25話のエピソードがDVD販売され、2つのDVD-BOXが販売されているそうです。
米国では短期で打ち切られた「コナン」ですが、ドイツでは好評のようです。

尚、「プリキュア」の英語紹介ページのURLは、

http://www.m-4-e.de/en/ent_pretty.html

ドイツ語紹介ページのURLは、

http://www.m-4-e.de/de/ent_pretty.html

posted by alpha7 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

Follow up News WCS2006 Part.6

alpha7です。

昨日、知人の方に不幸があり、そのお陰でブログもままならない状態でした。

さて、開催が1ヶ月を切った「世界コスプレサミット2006」(WCS2006)の続報です。

テレビ愛知のWCS2006公式サイトに残念な情報が掲載されました。

これまで、北米代表を送り出してきた米国から派遣が延期。その為、今回は北米からの代表は欠席と言う事になってしまいました。
昨年、WCS2005終了後、米国の主催者とは一悶着あったようですので、今年の派遣は微妙だなと思っていましたが、それが尾を引いたようです。

その代わり、という訳ではないのでしょうが、新たにシンガポールから代表が派遣されるそうです。

アジアからは中国・タイに次いで3カ国目となる訳で、北米代表空席を埋めるべく健闘を期待したいものです。

TV愛知の公式サイトはこちら、

-世界コスプレサミット2006(WORLD COSPLAY SUMMIT 2006)-
http://www.tv-aichi.co.jp/cosplay2006/

ブラジルJBCが発行するHenshinのサイトに設けられたWCS2006の公式サイトは
こちら、

World Cosplay Summit 2006 - Etapa JBC Brasil - Editora JBC
http://henshin.uol.com.br/wcs2006/
posted by alpha7 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | WCS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

Walking at OSU,Nagoya

alpha7です。

ウーン、仕事の忙しさにかまけていました。
7月初のブログとなりますなぁ....

今日は、「大須の歩き方」なぞ。

以前の記事にも書きましたが、名古屋・大須と言えば、東京・秋葉原、大阪・日本橋と並んで、「ヲタの街」となりつつあるようですが、先の2つと異なり(秋葉原は最近行っていないので、どうなっているのか、皆目分からないのですが)、一般の方でも気軽に行ける街だ、と当方は思います。

とは言え、「その手の店」が増えてきているのは確かで、大須から栄(さかえ、と読みます)から4店舗ほど確認されています。

では、当方お勧めの「その手のお店の歩き方」をご紹介します。

まずは、大須Goodwill-AMP2FにあるM's Melody(通称メロ)に行ってみましょう。
ここは入店が大変。2時間待ちになることも覚悟しておきましょう。
でも、入店を果たした時は結構感動モノでした。
金・土・日・祝日の11:00に開店で19:30までの営業です。まずはここを攻略しましょう。
(尚、8月までは月曜も営業中)

さて、メロを攻略したら、次は、同じビルの5FにあるComok(通称コモ)に行ってみましょう。
ここは、月〜木が18:00から22:00、金・土・日・祝日が11:00から22:00までの営業です。
詳しくは公式サイトをご覧いただければ分かりますが、「制服タイム」と「レイヤーズタイム」があります。尚、19:00を過ぎると、入店が難しくなる時があります。ご注意を。

メロ→コモと攻略したら、Goodwill-AMPを出て、赤門通に出て東に向かって歩き赤門交差点にある、Maid Styleに行ってリラックスしましょう。
ここは水曜日が定休日。土・日・祝日が11:00から21:00、それ以外が12:00から21:00となっています。
情報によれば、東京・大阪からもお客さんが見えるそうで、結構盛況のようです。

さて、Maid Styleを出たら、大津通を北へ、若宮大通を西へ、その後、裏門前町大通からプリンセス大通りを北に向かって栄を目指しましょう。
栄には、去る7/1に新規オープンしたFitting Bar Daphne Nagoyaがあります。
ここは、大阪・梅田にあるFitting Bar Daphneの名古屋支店です。
名古屋は大阪本店と異なり、昼間も開店しています。
11:00からはCafe Daphne、19:00からはBar Daphneに衣替えします。
このCafeからBarに切り替わる瞬間に居合わせると...一寸驚きですね(笑)。

当方の歩き方をご紹介しました。

まだ、物足りんぞ、と言われるのであれば、栄から地下鉄名城線で大曽根に向かいましょう。
ここには、昨年12月に開店した東京・秋葉原のLittleBSDの姉妹店「居酒屋十五夜」があります。愛知犬山出身の俳優・森山周一郎氏も訪れた事もあるお店です。
平日はかなりの確率で入店が出来ますが、週末になると大盛況になるようで、平日を狙うのがよいでしょう。
所で、当方。「十五夜」スタッフの方に「どうして大須か栄に店を出さなかったのか?」と聞いてみましたら、

「いい物件が無かったんです....」

まあ、これはそうなのかもね、と、妙に納得してしまいましたねぇ....
posted by alpha7 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

Follow up news for WCS2006 Part.5

alpha7です。

ウーン、最近はWCS関連のニュースばかりだなぁ....

と言う訳で、ブラジル代表についての続報です。

去る6/17にブラジル代表の最終選考がサンパウロ市で行われ、その結果、

サンパウロ州のペア、

Maurício Somenzari Leite Olivas
Mônica Somenzari Leite Olivas
(天使禁猟区)

の2名がブラジル代表として、名古屋に派遣される事が決定!!

Salve! Salve!


当日の最終選考では、先の2名以外に、

Marcelo Batista de Andrade Fernandes "Vingaard"
Thaís Fonseca Jussim "Yuki"
(ファイナルファンタジー2、リオ・デ・ジャネイロ)

Daniela Beleze Karasawa
Fabrício Kazuo Karazawa Beleze
(xxxHolic、サンパウロ)

Bruno de Castro Maciel Ribeiro
Nathália Leus Thomé de Moura
(King of Fighters、ミナスジェライス)

André da Silva Luiz
Allan Guillerme Barros Mathias
(スーパーマリオ、リオ・デ・ジャネイロ)

が選出され、かなり混戦となった模様です。

最終選考当日は、当日は地元Globo-TVのGeovanna Tominagaさんが司会進行を努めるなど、イベントとしても盛り上がったようです。

この時の模様は以下のページで、

Escolhida a dupla vencedora que representará o Brasil no WCS 2006 >> Henshin! - Editora JBC - Editora JBC
http://henshin.uol.com.br/2006/06/19/escolhida-a-dupla-vencedora-que-representara-o-brasil-no-wcs-2006/

Os jurados escolheram as cinco melhores duplas da Etapa JBC Brasil do WCS >> Henshin! - Editora JBC - Editora JBC
http://henshin.uol.com.br/2006/06/19/os-jurados-escolheram-as-cinco-melhores-duplas-da-etapa-jbc-brasil-do-wcs/

Perdeu a final da Etapa JBC Brasil WCS? Acompanhe com a gente o que aconteceu! >> Henshin! - Editora JBC - Editora JBC
http://henshin.uol.com.br/2006/06/19/perdeu-a-final-da-etapa-jbc-brasil-wcs-acompanhe-com-a-gente-o-que-aconteceu/
posted by alpha7 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | WCS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

Follow up news for WCS2006 Part.4

alpha7です。

去年の今頃も忙しかったのですが、今年も去年ではないものの、相変わらず多忙な日々が続いています。

世界コスプレサミット2006(以下、WCS2006)の続報第4弾です。

去る5/27にWCS2006のブラジル代表候補が20組に絞られ、その結果がブラジルのWCS2006の公式サイトに掲載されました。

Finalistas - Etapa JBC Brasil - Editora JBC
http://henshin.uol.com.br/wcs2006/finalistas.php

中々ツワモノがいるようで、どの組が代表に選抜されても不思議ではないのですが、面白いのはJBCの地元である、サンパウロ市出身者に偏っておらず、リオ・デ・ジャネイロ市や首都ブラジリア市などの出身者がいるのに少々驚かされました。

この20組から、来る6/17に、更に5組に絞られ、その中から1組が名古屋に派遣されます。

さあ、どの組が名古屋に派遣されるのでしょうか??
暫くはブラジルの動向から目が離せません。
posted by alpha7 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | WCS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

Star Wreck: In the Pirkinning

alpha7です。

先週は残業につぐ残業、時間が思うように取れませんでした。
さて、今週はどうなる事か....

特撮作品の話を1つ。

昨年末、スラッシュドットジャパンなどでも話題になったようですが、フィンランドのアマチュアグループが7年と言う歳月をかけ、「スタートレック」のパロディ、"Star Wreck: In the Pirkinning"(スターレック:まずパークありき)を制作しました。

7年と言う期間も凄いのですが、出来栄えもプロ顔負けの出来で、CGがふんだんに使われ、上映時間105分と言う大作になっています。
無論、実写のセットでチャチな部分がある(艦長席が普通の事務用のイスになっている等)のですが、それらを気にしなければ、楽しめる作品となっています。

フィンランドで制作されたので、映画の台詞は全てフィンランド語ですが、有志によって日本語字幕も作られ、公開されています。

映画のダウンロードはこちらで、

Star Wreck: In the Pirkinning
http://www.starwreck.com/

こちらで、字幕無しバージョンを落とし、そして日本語字幕のファイルも落とす事が出来ます。
日本語以外にも、公式バージョンの英語・スウェーデン語字幕ファイル。有志による、中国語・クロアチア語・チェコ語・オランダ語・ドイツ語(3バージョン有り)・ギリシャ語・ヘブライ語・リトアニア語・ポーランド語・ポルトガル語・セルビア語・スペイン語(2バージョン有り)の字幕ファイルがあり、なんと、「スタートレック」独自の言語「クリンゴン語」の字幕も公開されています。

但し、映画のファイルは554MBあり、一寸、落とすとなると、かなりの時間が
かかると思います。
(当方の環境では約5時間かかりました)

又、日本語字幕を見る方法は以下のページで公開されています。
Star Wreck Subtitles!
http://nevins.jp/Works/StarWreck/index.html

ただ、上記の方法では、WindowsXP Proでは見る事が出来ませんでした。フォントの設定をしても、文字が化けてしまい、読み取る事が出来ないのです。
スラッシュドットジャパンの記事でも同じ事が書いてあり、皆さん苦労した
ようです。先の記事では「HG丸ゴシックM-PROとかだったら文字化けしない」と言う事でしたので、Windows2000 Proで先のフォントに設定して再生してみたら、問題無く再生可能でした。

しかし、海外の自主作品映画は結構凄いのが多いんですね....
posted by alpha7 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

Follow up news for WCS2006 Part.3

alpha7です。

5月は日照時間も短く、曇り、又は雨の日が多かったのですが、ここ5日程は晴れの日が続き、気温も30度を超える日が出てきました。
さて、これからは夏本番と言う感じです。

「世界コスプレサミット2006」、通称WCS2006の続報です。

テレビ愛知の公式サイトによれば、後援に政府、それも外務省がつく事になったそうです。

Salve! Salve!

外務省と言うと、かなりお堅い省庁の1つ(それ以外の経済産業省や総務省などでも同じなのでしょうが)ですが、遂に重い腰を上げたと言う感じです。
現在外相の麻生氏は問題発言も多いようですが、マンガの大ファンなのだそうで、トップのバックアップもかなりあったのしょう。
これは、面白い事になりそうです。

WCS2006関連でもう1つ。ブラジルから。

ブラジルHenshinのページに昨年WCS2005のイタリア代表として、来名したフランチェスタさんのインタビューが掲載されています。

フランチェスタさんはWCS2005の交流会では「プリキュア」のキャアブラックの姿で、同じイタリア代表のジョルジアさん(こちらは「キュアホワイト」)と共に登場。妙にその姿が決まってるなぁ、と関心していました。

詳細は以下のページで、

Celebridade cosplay >> Henshin! - Editora JBC - Editora JBC
http://henshin.uol.com.br/2006/05/29/celebridade-cosplay

又、ギャラリーも開設されています。
http://henshin.uol.com.br/wcs2006/galeria.php?gal=060526_italia

TV愛知の公式サイトはこちら、

-世界コスプレサミット2006(WORLD COSPLAY SUMMIT 2006)-
http://www.tv-aichi.co.jp/cosplay2006/

ブラジルJBCが発行するHenshinのサイトに設けられたWCS2006の公式サイトは
こちら、

World Cosplay Summit 2006 - Etapa JBC Brasil - Editora JBC
http://henshin.uol.com.br/wcs2006/
posted by alpha7 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | WCS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

Article about "Maid Cafe"

alpha7です。

さて、海外でも「メイドカフェ」の名前は知れ渡っているようです。
台湾では結構お馴染みですし、最近では、タイのバンコクにも「メイドカフェ」が誕生しています。
そんな、「メイドカフェ」に関する記事が2つありましたので紹介しましょう。

米国Anime News Network(ANN)や、ブラジルHenshinは良くこの件について記事にしていますが、今度は、英国の4大高級紙の1つ「テレグラフ」が「メイドカフェ」について、去る5/20に記事にしています。

「テレグラフ」(日本語では「電報」と言う意味です)の記事のタイトルは
"Nerds and geeks come out to play"(オタク達が遊びに出る)。

記事はこちら

この記事は、東京・秋葉原にあるメイドカフェ「ディアナ・デュ・キューピット」を同誌のBenjamin Secher記者が訪問。
そのレポートを交え、日本で「メイドカフェ」の開店が続いている事や、2004年のヒット作となった「電車男」についてもレポートしています。

客観的に書かれており、中々面白い記事となっています。

さて、もう1つは5/23に日本の毎日新聞大阪本社の亀田早苗記者の書いたレポート。
毎日インタラクティブ『メードカフェ:女性記者が体験 「ご主人様、大丈夫か?」』

記事はこちら

この記事の内容は、一寸男としては痛い指摘ですね。
しかし、事実でもある事は確かです。
亀田記者としては男に
「虚実に逃げたらアカンでぇ!現実を見なアカンでぇ!」
と激を飛ばしていると、当方は良く解釈しています。

2つの記事を見てみると英国と日本、記者が男性と女性と言う違いはありますが、正反対の記事が出ているのは面白い事です。
posted by alpha7 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Follow up news for WCS2006 Part.2

alpha7です。

ウーン、去年の今頃は無茶苦茶忙しかったのですが、そのパターンが再度来襲!と言った感じです。
今日も休みなのですが、やはり出勤でした....ハハ(笑うしかない)。

さて、8/5〜6日に開かれる「世界コスプレサミット2006」、通称WCS2006のブラジル代表選抜の詳細がテレビ愛知のWCS2006の公式サイトで発表されました。

これによれば、代表選抜は去る5/21でのサンパウロ市での「文化祭り」、その後、同市で開かれるCasa das Caldeirasで1組を選抜、と言う事ですが、その前に本日5/27サンパウロ市で開かれるAnime Centerで代表を選抜して、最終審査に残る5組を選抜する模様です。
(ブラジル側公式サイトで発表。)

遂に、ブラジル代表選抜が本格化してきました。これは楽しみになりそうです。

TV愛知の公式サイトはこちら、

-世界コスプレサミット2006(WORLD COSPLAY SUMMIT 2006)-
http://www.tv-aichi.co.jp/cosplay2006/

ブラジルJBCが発行するHenshinのサイトに設けられたWCS2006の公式サイトは
こちら、

World Cosplay Summit 2006 - Etapa JBC Brasil - Editora JBC
http://henshin.uol.com.br/wcs2006/
posted by alpha7 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | WCS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。