2006年02月14日

News from Anime News Network

alpha7です。

一昨日、ブラジルのHenshinが執事カフェの件を話題にしていましたが、遂に(と言うべきなのかな....)米国にも、このニュースが伝わりました。

去る2/12にAnime News Network(ANN)が「執事カフェ」の件を伝えました。
これは、ANNがAkabotの記事を引用して伝えたものです。

New Butler Cafe to Cater to Otaku Girls.
Cafe to open in Ikebukuro to rival Maid Cafe
http://www.akadot.com/article.php?a=453

日本語に直すと、
「腐女子の要求を満たす新しい執事カフェ。メイドカフェのライバルとして池袋にオープン。」
と言う事になるでしょうか。
こちらは3月末に開店という旨を伝え、メニューの内容も詳細に伝えていました。

メイドカフェの名前が米国やブラジルに伝わっている事でも凄いな、と思われるのですが、やはり日本人の当方でも「執事カフェ」は衝撃的でしたねぇ。

海の向こうの方々も、成り行きを見守っている人が多い、と言う事は一寸驚きを隠せません。
posted by alpha7 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

News from Henshin

alpha7です。

ブラジルのHenshinが去る2/8に面白いニュースを伝えていました。

Novo local promete rivalizar com os tradicionais "maid cafe"
http://www.henshin.com.br/2006/02/08/novo-local-promete-rivalizar-com-os-tradicionais-maid-cafe/

この記事、日本語に直すと、「メイドカフェに対抗した新しい場所」と言う事になるのですが、的確に邦訳するとすれば「メイドカフェに対抗、執事カフェ」となるでしょうか。

同誌のVerena Malone記者によれば、東京・池袋に開店する「執事カフェ」の名称はButler Cafe Swallowtail。
上記ページから公式サイトにリンクもされていました。
(Butler Cafe Swallowtailの公式サイトはこちら

上記の記事では具体的な開店日を伝えていませんでしたが、この度、来る3/24に開店予定の旨、公式サイトでアナウンスがありました。但し、開店から4月末までは完全予約制になる、との事です。

ウーン、「執事カフェ」、どうなるんでしょうか??
その成り行きを見守りたいと思います。

更に、去る2/10のHenshinが伝えたニュース、

Tsubasa no Top 150 do USA Today
http://www.henshin.com.br/2006/02/10/tsubasa-no-top-150-do-usa-today/

では、CLAMPの「ツバサ」がUSA Todayのランキングで書籍売り上げ121位にランキングされた、と同誌のVerena Malone記者が伝えています。
これ以外に日本マンガのランキング入りは無く、一寸した「快挙」とも言えるのかもしれません。

しかし、見方を変えれば、最近のTokyoPopのレイオフに見られるように、まだまだ、米国市場での日本マンガの地位は低いもののようです。
Top30位に入らないと、米国での日本マンガの地位向上は無いでしょう。
posted by alpha7 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

The Anime Network on DirecTV

alpha7です。

去る2/2にAnime News Network(ANN)が伝えた所では、米国テキサス州に本社のあるADVFilmsの関連会社、The Anime Networkが有線チャンネルDirecTVに番組配信を開始した、と伝えています。

但し、The Anime Networksの番組全てを配信している訳ではなく、配信しているのは2本「劇場版・るろうに剣心("Samirai X:The Motion Picture")」、と「ガンツ(Gantz)」だけです。
又、これらは有料チャンネルへの配信となるようで、チャンネル177に配信されているようです。

ANNは当初、チャンネル117への配信と報じていましたが、その後、チャンネル177へ変更しています。ANNは信頼できる情報源ですが、たまにはこう言うチョンボもあるようです。
posted by alpha7 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

The End of "Mew Mew Power"

alpha7です。

去る2/1にAnime News Network(ANN)が伝えた所では、一度放送がキャンセルされ再度放送が復活した米国版「東京ミュウミュウ」こと"Mew Mew Power"が今度こそ、米国のお茶の間から消える事になりそうです。

これは、ANNが米国フロリダにあるオンラインショップAnimeNationのニュースを引用して伝えたもので、AnimeNationの報道によれば、4Kidsが自らのフォーラムで宣言している、とし、「4Kidsは4月以降"Mew Mew Power"をスケジュールしていない」為、「オリジナルでは52話迄制作・放送されたが、米国では、その半分の26話で打ち切り」と伝えています。

これで、4Kidsが自前のテレビ局4Kids-TVで放送している日本アニメは"Magical Doremi"の1本になってしまった訳で、拡大路線を続けて来た日本アニメの進撃にも少し暗雲が立ち込めてきたようです。
Mew Mew Powerとは対照的に米国版「おジャ魔女どれみ」こと"Magical Doremi"放送時間が1時間に拡大、その他、4Kidsの目玉とも言える"Winx Club"も1時間に時間枠が拡大されています。

こうなると、次は各国への影響が懸念されます。
昨年9月にはフランスでの放送が始まっていますが、米国の不振を受け、フランスでも打ち切り、と言う事態になるやもしれませんね。

所で、トラックバックにもありますが、Fuku-nyanさんのKirameki.snow-suger.deによれば、ドイツのAnimeXXのページが復活したようです。
AnimeXXが運営するPrettyCure.deも復活し、ページ閲覧が可能になっています。
まずは一安心、と言った感じです。
posted by alpha7 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

Tokyopop has laid off staff

alpha7です。

去る1/26のAnime News Network(ANN)、去る1/30の「アニメ!アニメ!」が伝えた所では、米国カリフォルニアに本拠地を持ち、Vizと双璧をなす日本マンガ翻訳出版社TokyoPopがスタッフのレイオフ(人員整理)を行った、と伝えています。

ANNによれば、レイオフの対象のなったスタッフの中には販売担当副社長であるSteve Klecknerも含まれているそうで、副社長以外にも、シニアデザイナー・コピーライターなどが対象になっています。
ANNは、更に、既に6名のスタッフがレイオフに同意した、とも伝えています。

ANNには、この記事に関する討論のスレッドが立っていますが、
「うっ、これは悪いニュースだ」(Chrno2)、
「ああっ、これは悲しい事だ。レイオフされた人たちが新しい仕事を見つけてくれる事を祈っている」(RezSav)
など同情的な書き込みが結構見られます。

TokyoPopはドイツに支社(TokyoPop Germany)を出し、順風満帆という感じだったのですが、遂に壁に当たった、という感じのようです。さて、起死回生となるか??
posted by alpha7 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

Video Podcast from ADVfilms & Anime Network

alpha7です。

以前の記事でThe Rightstuf InternationalがPodCastを開始した、とお伝えしましたが、これに刺激されたのか(?)、ADV Filmsと、その系列会社Anime NetworkがVideo Podcastを開始した旨、Anime News Network(ANN)が1/25に伝えています。

ADV Filmsが流しているのは、アニメの予告編とDVD Dojo(DVD道場)と言う解説番組の2つで1/25現在、予告編が3篇、DVD Dojoが2篇配信されています。

Macに標準装備されたiTunesで早速取り込んで、iPodで見てみましたが、1/10に配信された最新のDVD Dojoは合計13分程の番組で、初代「マクロス」の解説や第1話のプレビューを60秒だけ見る事が出来ました。
その他、米国で2月に開催されるアニメ関連のイベント情報も流していました。

尚、ANNによれば、配信先のURLは以下の通りです。

ADV Films Trailers Podcast
http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewPodcast?id=117940521&s=143441

DVD Dojo Podcast
http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewPodcast?id=117940396&s=143441

無論、これらビデオの視聴にはiTunesが必要です。
posted by alpha7 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

Gamers Ikebukuro Closing

alpha7です。

Anime News Networkが去る1/24に伝えた所では、1997年に東京・池袋に誕生した「ゲーマーズ池袋店」が「一時」閉店する、と伝えています。
ゲーマーズの経営母体は「ギャラクシーエンジェル」などで知られるブロッコリー
アニメ!アニメ!などの報道でも、ブロッコリーの台所事情はかなり厳しいようで、そのあおりを受けた、とも言えそうです。
ゲーマーズは、北海道・東京・千葉・埼玉などに支店を持ち、当方の地元、名古屋にも支店を出していますが、名古屋の支店閉鎖と言う話は無いようなので、暫くは安心できそうです。
ただ、そうウカウカともしてはいれないのでしょうが....

更に、Anime News Networkは同日付けで「デジモン」シリーズ第5作「デジモンセーバーズ」の制作を東映が発表した、とも伝えています。
「ポケモン」に対する「デジモン」と言う感じがありますが、「ポケモン」が毎年新作を次々とリリースしているのに、一方の「デジモン」は2003年にリリースされた「デジモンフロンティア」でストップしていました。
それが何故、今になって?と言う感じもするのですが、リリース時期が明確でない、と言う事も、一寸した不安要因ですね。
posted by alpha7 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

AnimeXX-Server down

alpha7です。

ドイツ在住のFuku-nyanさんのページ、Kirameki.snow-sugar.deによれば、ドイツで最大級の日本アニメ・マンガファン組織、AnimeXXのサイトがダウンしている、と伝えています。

このあおりを受け、AnimeXXが運営してる各ファンページも閲覧不可能となっています。
以前、こちらで紹介させていただいたPrettyCure.deも閲覧不可となっており、アクセスしても"Gomen ne..."と表示されるようになっているだけです。

AnimeXX、良く見させてもらっていますが、一寸サーバーが重いかな??と思われる時がありました。
やはり、来るべき時が来たのか、と言う感じですね....
posted by alpha7 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

Anime Dreams

alpha7です。

又も、ブラジルの情報になりますが、ご容赦を....

1/20〜22かけて、ブラジル・サンパウロ州の州都サンパウロ市で"Anime Dreams"と言うイベントが開催されました。

Henshinの出版元であるJBCも、このイベントに参加。
1/20のJBC主催の講演会で、赤松健原作「ネギま!」のリリースが正式に発表されたそうです。
更に、JBCは2006年に12の新作をリリースする、と意気込んでいるそうで、益々ブラジルでのマンガ熱がヒートアップしそうな雰囲気です。

所で、Henshinはブラジルで開催されるアニメ関連イベントをレポートしていますが、このAnime Dreamsだけでなく、様々なイベントが開催されています。
その大半はかっての首都リオ・デ・ジャネイロではなく、サンパウロ市で集中して開催されています。これは、JBCを始め、ConradAniMangaと言った出版社がサンパウロ市に本社を構えているのが原因と思われます。

これでは一寸不公平では、と言う声もありそうですが、サンパウロ市の日本語新聞「ニッケイ新聞」2003年1月の連載記事「越境する日本文化−アニメ・マンガ」でではAniConと言うイベントに「アパマーからも50人程飛行機で来てくれました。」(2003年1月22日の記事)と伝えていました。
アパマーはアマゾン川の北側にある州で、サンパウロ州から直線距離で3000km程離れています。
ウーン、日本でも東京と名古屋の距離は480km程、それに比べればブラジルの皆さんの意気込みは、すざましいモノがあるんですね。
posted by alpha7 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

Negima! in Brazil

alpha7です。

ブラジルのHenshinが去る1/16に伝えた所では、Henshinの関連会社Manga JBCの新刊として赤松健原作の「ネギま!」を刊行する、と発表しました。

「ネギま!」は「逆ハリポタ」とも言える作品で、これまでに米国・イタリア・フランス・ドイツ・スペイン・香港・シンガポールで各国語版が刊行されてきました。
同じ赤松健原作の「ラブひな」や「A.Iが止まらない!」はメキシコでも刊行されているのが確認できていますが、中南米での刊行はブラジルが一番乗りになるようです。

所で、Henshinは同じ1/16に、当方の地元名古屋に本社があるバッファローがWebClipDriveを販売するニュースを伝えていました。
やはり、無料でマンガが読めると言う事が魅力となっているのでしょうか、ぶち抜き一面を使って(それも、製品の写真付き)、このニュースを伝えていました。

とは言え、Anime News NetworkHenshinも、Windows(WinME以上)でしか、この機能が使えない事を伝えていないのが、一寸気がかりですが...
しかし、海外から買う人、いるんだろうか??
posted by alpha7 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

FUNimation licenses Holic/Tsubasa movie,Tsubasa TV series.

alpha7です。

Anime News Network(ANN)が去る1/16に伝えた所では、「ドラゴンボール」や「鋼の錬金術師」の米国でのライセンサーであるFUNimation Productionsが「ツバサ」テレビシリーズ、及び「ツバサ」「xxxHolic」の劇場版の版権を獲得した、と伝えています。
これは、Anime Insiderの報道を引用して伝えたもので、日本でも放映されていない「ツバサ」の第二シーズン、及び「xxxHolic」のテレビシリーズの版権については言及されていない、との事です。
「ツバサ」は現在、NHK教育で第一シーズンが再放映中、「xxxHolic」はテレビシリーズの放送が決定していますが、この2つが米国に登場するのは、まだ先の話になりそうです。
ただ「ツバサ」の第二シーズンには日本国内でも賛否両論があり、出来たとしても視聴率が稼げるか微妙な所です。
無論、稼げなければ、海外のライセンサーにソッポを向かれる、と言う事になりかねないのでしょうが...

ANNは同日のニュースとして、面白いモノを伝えていました。
当方の地元、名古屋に本社を置くPC周辺機器メーカー、バッファローがお試し版のマンガが読めるUSBメモリ、WebClipDriveを販売開始する、と伝えています。
バッファローの発表によれば、お試しで読めるマンガは全部で3つ。
「鬼太郎大全集」、「サイボーグ009」、「包丁人味平」
中々、面白いラインナップのようです。
バッファローのライバルで、石川県金沢に本社を置くアイオーデータ機器でもかなり前からスターウォーズや仮面ライダーのUSBメモリを販売していますが、これに対抗して、バッファローはコンテンツで勝負に出たようです。
さて、バッファローの戦略、吉と出るか、蛇と出るか??
posted by alpha7 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

Mari Iijima in Houston

alpha7です。

Anime News Network(ANN)を見ていたら、一寸面白い名前を見つけました。

Mari Iijima、そう、かって「マクロス」でリン・ミンメイの声を勤め、作中の主題歌も歌っていた、「女子大生声優兼歌手」の飯島真理です。

その飯島さんが米国テキサス州ヒューストンで開かれた「マクロス」の上映会の突然現れ、Vic Mignogna(「ハガレン」エドの英語版声優)、Matt Greenfield(ADVFilmesのスタッフ兼声優)、Tiffany Grant(「エヴァ」アスカの英語版声優、Mattの奥方)などの皆さんと合流したとか。

ANNによれば、飯島さんの出席は予定されていなかったようで、会場に来ていたファンは度肝を抜かれたようです。

しかし、かっての「アイドル声優」も米国で活躍しているようで、一寸懐かしくなった次第です。
posted by alpha7 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

PodCast for Anime

alpha7です。

世は3日連休、と言う方も多いようですが、当方は日曜日以外は出勤。
おかげで正月気分もどっかに飛んでいってしまいました。
では、久々に海外情報を....

最近はPodCastと言う方法で、インターネット上での番組配信が可能になっています。
PodCastについては詳細は述べませんが、Anime News Networkによれば、AnimeNationと肩を並べるオンラインショップThe Rightstuf Internationalが、このPodcastを使い番組配信を昨年から開始しています。

配信されたエピソードは現在までに5話。
番組名は"Anime Today"。
去る1/7に配信されたものが最新のものとなっています。
くわしくはこちらで。

内容は米国でリリースされた作品の紹介が主で、その作品の見所などを紹介しています。
最新のエピソード5では「プリンセスチュチュ」や「プラネテス」などを紹介していました。又、日本文化の紹介も行っていて4話からは京都の紹介をおこなっています。

無論、米国の聴取者向けの番組ですので、全て英語なのですが、英語の勉強も兼ねて聞いていたりします。
又、RightstufはiPod向けのビデオの配信も行っていて、確認できた所では、「彼氏彼女の事情」など8作品の予告編が配信されています。
これについてはこちらで。
posted by alpha7 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

PrettyCure will be back!

alpha7です。

まずはドイツから。
去る9/5からRTL2で放送開始され、様々な話題を振りまいた「ふたりはプリキュア」こと"Pretty Cure"ですが、ドイツの情報サイトPummelDexAnimeDigitalによれば、来年2月から再放送を行う事が決定した模様です。
10月にはボーカルアルバムCD、12月にはDVDも販売されている「プリキュア」ですが、Pokitoのレギュラーとなった模様ですね。
なぎさ・ほのかのコンビはドイツのファンも確実に魅了したようです。

続いて米国から。
去る12/23にAnimeNewsNetwork(ANN)が伝えた所では、「『ポケモン』と言えば4Kidsが海外では版権を持つ」と言う、これまで常識がひっくり返る事になりそうです。
来年1/1から、4Kidsの持つほぼ全ての権利がPokemon USAに移る事になりそうで、4Kidsのドル箱(?)とも言える作品の配給権が消えてしまうようです。
ただ、「アニメ!アニメ!」によれば、これは1997年に結ばれた8年契約が切れるため、との事ですが、海外では「ポケモン」人気に翳りが出ているようなので、4Kidsにしてみれば「肩の荷が下りた」と言う側面も否定は出来ないようです。
さて、ポケモンの海外戦略、2006年はどうなるのでしょうか?

追伸:尚、ブラジル版「ミュウミュウ」のタイトルは"As Super Gatinhas"となるそうです。
posted by alpha7 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

New Anime Line Up at CN-Brazil.

alpha7です。

ブラジルのHenshinが去る12/21に伝えた所では、ブラジルのCartoon Networkは3本の日本アニメの放送を開始する、と伝えています。
ポルトガル語の原文はこちら

その詳細は....

「Rave Master」、「明日のナージャ」、「東京ミュウミュウ」

の3本。

この内、「東京ミュウミュウ」については、米国版の「Mew Mew Power」が放映される可能性もありますが、その辺について、Henshinは詳細を伝えていません。

「ナージャ」はイタリアRAI2やフランス(放映局は未確認)での放送が確認できていますが、大西洋を渡って新大陸での放送は、これが初めてになると思われます。
「ナージャ」は舞台が欧州でした(その割には日本人がレギュラーキャラクターにいたりするのが不思議なのですが。)ので、中南米ではどのような反応が出るか一寸疑問だったりします。

「ミュウミュウ」の方は米国版が放送されるか、オリジナルが放送されるかで評価が分かれるものと思われます。
さて、ブラジルはどちらを選ぶのでしょうか??
posted by alpha7 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

Madman at Wai-Con 2005

alpha7です。

Anime News Networkが去る12/15に伝えた所では、去る12/10〜11にかけて豪州・西オーストラリア州の州都パースにあるMurdoch Universityで開かれたWai-ConにおいてMadmanが新作の放映情報とリリースをアナウンスした、と伝えています。

それによれば、

・「サムライチャンプルー」、2006年度中に公共放送SBSで放送開始。
・「鋼の錬金術師」、2006年1月4日にCartoon Network Australiaで放映開始。
・「今日からマ王!」、2006年3月29日にリリース開始。全6巻。
・「今日からマ王!」と同時に「グラビテーション」もリリース開始。DVD-BoxSetの予定。
・2006年5月(具体的な日付は不明)に「犬夜叉」の劇場版DVDをリリース。同時に「らんま1/2」のDVD-Boxもリリース。

その他、マンガも、
・「サムライチャンプルー」、第1巻が2006年2月、第2巻が2006年3月にリリース。
・「トリニティ・ブラッド」、2006年度中にリリース開始(具体的日程は不明)。

以下の作品は具体的なリリース時期不明。
「ルパン3世 - ルパンvs複製人間」
「新キューティハニー」
「 I -wish you were here-」
「ギルガメッシュ」
posted by alpha7 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

France Five

alpha7です。

さて、たまには特撮の話でも....

「戦隊シリーズ」と言えば、1975年制作の「コレンジャー」以来30年の歴史を誇る人気シリーズである事はご存知の方が多い事と思います。
この「戦隊シリーズ」、米国では"Power Ranger"の名前で輸出され、欧州でも放送されています。特に、フランスでは「戦隊シリーズ」が手を加えれずに放送され、結構な人気になっているようです。

Eurojapancomicによれば、この「戦隊シリーズ」に感銘を受けた方々が自主作品「フランス・ファイブ」を作ってしまったそうです。
こちらで制作者の1人、アレックス・ピロ氏のコメントが見れますが、ピロ氏によれば、仲間と話しあっていた時、

「何でいつも戦隊シリーズでは日本ばっかりが敵に狙われるんだろう!」
(ハハ、確かにそうですねぇ...)

と言う話になり、フランスを狙う話が有っても良いじゃないか、と言うのが、この作品を作るキッカケになったとか。

戦隊と言う訳ですから、メンバーは5人。リーダーのレッド・フロマージュ、ブラック・ボジョレーにイエロー・バケット、ブルー・アコーディオンにピンク・アラモードが地球を守る戦士として登場しています。
又、フランスの象徴とも言えるエッフェル塔が、実は、地球を守る結界の1つ、と言う設定になっています。

さて、これらのネーミングや設定を見ると、昔、GAINAXが「ジェネラル・プロダクツ」だった時代、「愛国戦隊大日本」と言う自主作品を作った事がありましたが、まさにそれと同じノリです。
実は、作品の冒頭に「愛国戦隊大日本」に対するオマージュである事が述べられていて、妙に納得してしまった次第です。

無論、自主作品と言う事もあり、スタッフやキャストは仕事や学校がある訳ですから、1年に1本制作するのがやっとだとか。
その為、現在は第4話まで制作され、「お金が発生すると、また色々面倒な問題も出てくるので」(ピロ氏談)無料でダウンロードできるようになっています。
尚、第5話が最終話となるそうで、2006年初夏には完成予定とか。

「フランス・ファイブ」の公式サイトはこちら。英語・フランス語のページ以外に日本語のページがあるのが嬉しい事です。
posted by alpha7 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

I will be back!

alpha7です。

米国のAnime News Networkが去る11/23に伝えた所では、11/19から4Kids-TVで放送がキャンセルされた「ワンピース」と米国版「東京ミュウミュウ」である"Mew Mew Power"は完全に放送がキャンセルされている訳ではない、と伝えています。

これは、ICv2が同日伝えたものを転載したもので、ICv2の関係者が4Kidsに確認したところ、先の2つの作品を土曜日朝のランナップに戻す予定である、と回答してきた、との事です。
但し、4KidsはICv2に対し、放送再開の時期については明確にしなかったそうで、先の2作品が全米のお茶の間に再登場するかどうかは流動的、とも言えそうです。

まあ、先の2作品は米国での放送開始の際、色々と揉めたようですから、何が起きても不思議では無いのでしょうが....

更に、Anime News Networkは11/22に面白いニュースを伝えていました。
米国カリフォルニアに本拠地を置く、VizTokyoPopがドイツでパートナーを組んだ、との事です。

http://www.animenewsnetwork.com/pressrelease.php?id=1380

Vizはオランダ・アムステルダムに欧州の現地法人VIZ Media B.V.を先月設立し欧州での足ががりを作りました。一方、TokyoPopはいち早くドイツに進出。TokyoPop Germanyを設立し、「苺ましゅまろ」などのドイツ語版コミックを刊行しています。
米国ではライバル同士とも言える両社ですが、欧州では共存共栄と言うことでしょうか、意外な相手とパートナーを組んだようです。
posted by alpha7 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

Vocalist for German PrettyCure

alpha7です。

ドイツ語版「プリキュア」のOP/ENDを歌うボーカリストの素顔が、これらを作曲したToycoのページで公開されました。

公開されたのは、
キーボード担当で、それらのプログラミングと作詞も担当したAndy Knote。
"Nur wir beide"のボーカリスト、Sina Schymanski。
"Träume die ich hab"のボーカリスト、Petra Scheeser。
"Wenn es dich gibt"のボーカリスト、Noel Pix。
など計6名。

URLはこちら、

http://www.toyco.de/site/animeallstars-gallery.php
posted by alpha7 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4Kids-TV in the United Kingdom

alpha7です。

一昨日、4Kids-TVが「ミュウミュウ」と「ワンピース」の放送を打ち切った、とお伝えしましたが、4kids関連で新たなニュースが入りましたので、お知らせしましょう。

去る11/18にAnime News Network、11/19に「アニメ!アニメ!」が伝えた所では、4Kids-TVが英国に進出する事になった、との事です。
但し、どちらの記事も放送形態については触れられておらず、詳細については4Kidsの発表を待たなくてはならないようです。

英国は世界で日本アニメが隆盛を誇っているにも関わらず、あまり日本アニメの放送が盛り上がらない国の1つです。
無論、アニメのライセンサーが無い訳ではなく、ADV Filmsの欧州での拠点は英国ですし、それ以前に設立された英国のライセンサーとしてはMVM-Groupがあります。更に、日本アニメ関連のイベントも開かれていて、今年もAyacon5が開かれていたりします。

ただ、それらを加味しても、海外で先んじてドイツやイタリアで「プリキュア」が放映されたりされている事を考えると、英国は一歩遅れている、と言う感じはいがめないようです。
これは、日本アニメの大半が米国経由でやって来るのが原因と考えられ、4Kidsが英国に進出すれば、こう言った「英米の格差」は解消されると思われます。

しかし、「改変された作品」が英米両国に広がるのが一寸心配でありますが....
posted by alpha7 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。