2005年10月25日

Brazilian Angelic Layer

alpha7です。

ブラジルのManga JBCによれば、JBCの新刊として、CLAMPの少年誌初進出作品となった「エンジェリックレイヤー」が加わったと伝えています。

JBCがリリースしたCLAMP作品としては6作目。
「ちょびっツ」が最初にリリースされているのに、これでは後日譚が先で本末転倒では?とも思われるのですが、「X」より後に「東京BABYLON」がリリースされた「前科」もあるようですから、取立て不思議ではないのですが....

所で、ブラジルでリリースされた「エンジェリックレイヤー」のキャラ紹介を見ると、一寸面白い事に気が付きました。
ポルトガル語の原文はこちらで見れますが、「鈴原みさき」は"Misaki Suzuhara"、「三原一郎」が"Ichirou Mihara"...とオリジナル名のままなのですが、みさきの天使「ヒカル」の名前がポルトガル語版では"Lucy"....

JBCは「レイアース」もリリースしていますが、こちらでも「獅堂光」を"Lucy"と改名していました。今更、「ヒカル」と言う名前を使えないので、「レイアース」と同様、"Lucy"にしてしまうおう、と言う事なのかもしれませんが、一寸この名前では違和感が拭えませんねぇ...

「イーストコーナー、エンジェルLucy!」ポルトガル語を日本語にしたらのなら、こうなるのでしょうが、やはり、「みさきの天使はヒカル」と言うのが当方としてはシックリするのですが...
posted by alpha7 at 00:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。毎日情報を楽しく拝見してます。

Lucyの件ですが、もしやと思い調べてみたところ、やはり「光」という意味が隠された名前だということでした。
http://www.behindthename.com/php/view.php?name=lucy

海外版の日本アニメで登場人物の名前が変更されることがあるというのは知っていましたが、オリジナルの名前の意味を受け継ぐような変更というケースは他にもあるのかもしれませんね。
Posted by かざみあきら at 2005年10月27日 01:11
はじめまして。
alpha7です。

なるほど、「光」の隠れた名前でしたか...

レイアースでも、「海」はMarine(スペイン語ではMarina)になっていましたが、これも「海」の隠れた名前だったたんでしょうか。

ただ、そうなると、「風」のAnneが説明つかないなぁ...
Posted by alpha7 at 2005年10月30日 07:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8556146
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。