2005年08月27日

The Locomotion Channel

alpha7です。

今日は休日....なのですが、仕事ですた....

さて、中南米に去る7/31にAnimax Latin Americaが誕生したのは既報の通りですが、この前身
はThe Locomotion Channnelと言う有料チャンネルでした。

今日は、そのLocamotionについて、一寸書いておきましょう。

Locomotionは、各種報道によれば、今年1/18にソニーピクチャーズに買収されましたが、元は米国のHearstとカナダのCorus Entertainmentが共同運営していました。
Herastは世界でも有数のメディア企業、一方のCorusもカナダで英語圏向けのアニメ専門チャンネルYTVを運営しています。

このLocomotionですが、新たにAnimaxに受け継がれた作品を除いて、どちらかと言えば「子供
向け」でない作品を数多く放送していました。

当時のラインナップを見ると、
「Aika」、「青の6号」、「Burn UP W」、「ジーンシャフト」、「エヴァ」など
又、極めつけ(?)とも言えるのが、遊人原作のアニメ化作品「さくら通信」でした。
放送当時、予告編をLocomotionのページで見る事が出来たのですが、その中で"Soft Hentai"と言っていたのには一寸笑ってしまいました。

Locomotionは日本アニメの放映時間枠を沢山もっていました。
それらを以下に紹介しておきましょう。

[ Japan OK! ]
日本語にすれば「日本大丈夫!」なのでしょうが、これも立派なアニメ放送時間枠の名称。
無論、全て日本アニメが放送されていました。
「エヴァ」や「エルフを狩るモノ達」、「サイレントメビウス」などがラインナップに上がっていました。

[ Domingo Locomotion:Replay ]
土曜日に放送されていたアニメ時間枠の名称です。
日本アニメだけでなく「サウスパーク」などもラインナップに上がっていたのが特色と言えるでしょう。
この時間帯は、これまで放送してきた作品を再放送する時間枠で、「女神候補生」などが放送されていた模様です。
時間枠で印象に残っているのは、予告編の作り方でした。
ジョージ・ルーカスのカルトムービー[ THX1138 ]の思わせるような格好をした女性が"Activate"と言うのが、強烈に印象に残っています。
posted by alpha7 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。