2006年10月29日

Follow up News for WCS2007 Part.2

alpha7です。

去る8/25にWCS2007の公式サイトがスタートしましたが、これについてブラジルのレイヤー情報を集めたCosplay Brasilに関連情報が掲載されていましたので、お知らせします。
タイトルは"World Cosplay Summit 2007: Começam as preparações"。日本語に訳すと、「WCS2007、代表選抜始まる」

一寸面白い内容もあるので、この全文を翻訳をお届けしたいと思います。

(以下、翻訳文、英語翻訳したものの翻訳。原文はポルトガル語)

WCS2007、代表選抜開始。

Written by Ferio Siqueira
Translated by alpha7


8/25、正式にWCS2007の代表選抜が開始されたと発表があった。
一日遅れて、8/26に公式サイトに、世界各国で開かれる代表選考会の情報と関連記事が掲載された。

公式サイトによれば、WCS2007には世界11カ国が参加する。今年参加した9カ国以外の2カ国は確認されてはいないが、様々な情報から判断して、米国とメキシコとなるようである。

主要な国々での代表選抜はもう始まっており、名古屋を目指す熱い戦いが始まっている。9月にはドイツのConnichiで代表選抜が行われ、それに続いて、スペインのSalon del Manga、イタリアのThe Romicで代表選抜が行われる予定である。

尚、WCS2007のレギュレーションは以下の通りである。

(1):各国代表は2人1組で参加。

(2):コスプレ内容は日本のマンガ・アニメに関連したモノである事。

(3):全ての衣装は手作りである事。既製の服・アクセサリーは使用禁止。

(4):コスプレ内容は同一のアニメ・マンガ作品の登場人物である事。

(5):代表は18歳以上である事。18歳以下の場合は後援団体の許可と保護が必要。

(6):WCS期間中の撮影された映像・写真などのメディアはテレビ愛知に帰属する。尚、それらメディアはWCS2007終了後のテレビ愛知に帰属し、関連番組に使用したり、Webへの掲載が行われる。

(7):各国代表はWCS2007成功の為、一致協力する事。

(以上、翻訳文)

テレビ愛知の正式のコメントが無いので何とも言えないのですが、米国復帰となるかもしれない、と言うのは歓迎すべき事なのでしょう。

昨年のイベントで英語通訳のエドに、「メキシコも呼んだら?」と言った事があったのですが、あまり良い返事が返って来ませんでした。
どうなるかは不明ですが、成り行きを見守って行きたいと思っています。
posted by alpha7 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | WCS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。