2006年08月10日

Follow up News after WCS2006

alpha7です。

ウーン、どうしようかな、と当方も迷ったのですが、WCS2006「終了後」の続報です。

こちらの記事の続報となり、同記事の薙笛さんのコメントにもありますが、米国の日本アニメ・マンガのニュースサイトであるAnime News Network(ANN)に去る8/8にWCS2006関連の記事が連載されました。

元記事はこちら、

World Cosplay Summit Runner-Up Raises More Questions
http://www.animenewsnetwork.com/article.php?id=9325

この記事、日本語に直すと、「WCS2006準優勝者に大いなる疑問が」
考えようによっては、この手の記事、読む人によっては「根拠ないクレームだ、難クセである」とか、「いや、一理ある」とか、「どうでもいいや」など、受け取り方が変わるものだ、と当方は思います。
そう言う事もあり、当方としては一寸気が進まないのですが、2004年の第二回からWCSの推移を見守ってきた、と言う事もあり、あえて、この記事の全訳をお届けしたいと思います。

(以下、記事の全訳)

「WCS2006準優勝者に大いなる疑問が」

投稿日付
2006年8月8日 12:51:23

「ベルサイユのばら」を演じた米国代表が(昨年)参加拒否されたのに、今年は同じキャラクターを演じた日本チームが準優勝。

テレビ愛知はWCS2006の優勝者と準優勝者を発表した。
優勝:ブラジル代表(天使禁猟区)
準優勝:日本Web選考チーム(ベルサイユのばら)
3位:イタリア代表(アームズ)
スポンサー賞:日本東京選考チーム(ガンダムSEED)

準優勝に注目して欲しい。なぜなら、「ベルサイユのばら」の作者池田理代子氏が自分の創作したキャラクターのコスプレを好ましくない、と語っていた、と言う理由で、昨年、こちらの記事にもあるように(訳者注:元記事はこちら、米国からのグループ参加のみエントリーが拒否されたからである。

WCS2006には米国代表は参加していない。
テレビ愛知のサイトが伝える所では、「残念な事に、代表選考会の調整が混乱」し、その結果、「派遣延期」となったとしている。

Anime Expo訳者注:今年は7月初めカリフォルニア州アナハイムで開催、CLAMPもゲストとして出席)は2005年のWCSに米国の後援団体となったが、今年は協力を拒否している。

(以上、翻訳alpha7)

もし、この記事が事実だ、と仮定すれば、テレビ愛知と米国側主催者の溝は相当深い事になりますね。

所で、ブラジル代表優勝の記事の扱いは小さく、議論のスレッドも盛り上がりに欠けていましたが、この記事に関する議論のスレッドは、反対に滅茶苦茶な盛り上がり。

日本時間8/10の20:10現在、53通の投稿がありました。

投稿の内容を見ると、

「WCSはゴチャゴチャになってしまったのか。今年、米国代表が出なかったと言う事は私には嬉しい事だ。」(by Jadress)

「日本のメディアは歪曲して事実を伝えているのか??」(by Patachu)

など、米国代表欠席を賞賛する投稿から、

「何時、レイヤーを取り巻くドラマが無くなってしまったのか?WCSには何か大きなドラマが潜んでいると私には言える。(中略)何でも良いから、優勝したブラジル代表の写真を見て御覧なさい。私には、毎年WCSが大きくなっているので驚いている。」(by SakechanBD)

「今年は『ベルばら』のチームが準優勝し、昨年はエントリー拒否されたという事。今年は今年。昨年は昨年。作者だって気が変わる事だってある。」(by hikaru004)

と言う現状打破の投稿まで、様々でした。

ただ、hikaru004氏の投稿については、一寸気になる反論も書かれていました。

「事実、イタリア代表で『ベルばら』のコスプレで参加しようとしたら、やはり、エントリーを拒否された。申し訳ないが、作者の気が変わった、と言う貴方の考えは正しくはない。」(by BountySniper)

昨年は日本国内で色々と言われたレイヤーさんも居たようですが、今年は海外から....ここ数年、WCSの終了後は「何か」が起きるようです。

(8/12追記)
尚、この件について、テレビ愛知のWCS主催者、Anime News Networkスタッフ、及びAnime Expoの主催者に問い合わせる事はお止め下さいますよう、宜しくお願いします。
posted by alpha7 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | WCS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。