2006年06月04日

Star Wreck: In the Pirkinning

alpha7です。

先週は残業につぐ残業、時間が思うように取れませんでした。
さて、今週はどうなる事か....

特撮作品の話を1つ。

昨年末、スラッシュドットジャパンなどでも話題になったようですが、フィンランドのアマチュアグループが7年と言う歳月をかけ、「スタートレック」のパロディ、"Star Wreck: In the Pirkinning"(スターレック:まずパークありき)を制作しました。

7年と言う期間も凄いのですが、出来栄えもプロ顔負けの出来で、CGがふんだんに使われ、上映時間105分と言う大作になっています。
無論、実写のセットでチャチな部分がある(艦長席が普通の事務用のイスになっている等)のですが、それらを気にしなければ、楽しめる作品となっています。

フィンランドで制作されたので、映画の台詞は全てフィンランド語ですが、有志によって日本語字幕も作られ、公開されています。

映画のダウンロードはこちらで、

Star Wreck: In the Pirkinning
http://www.starwreck.com/

こちらで、字幕無しバージョンを落とし、そして日本語字幕のファイルも落とす事が出来ます。
日本語以外にも、公式バージョンの英語・スウェーデン語字幕ファイル。有志による、中国語・クロアチア語・チェコ語・オランダ語・ドイツ語(3バージョン有り)・ギリシャ語・ヘブライ語・リトアニア語・ポーランド語・ポルトガル語・セルビア語・スペイン語(2バージョン有り)の字幕ファイルがあり、なんと、「スタートレック」独自の言語「クリンゴン語」の字幕も公開されています。

但し、映画のファイルは554MBあり、一寸、落とすとなると、かなりの時間が
かかると思います。
(当方の環境では約5時間かかりました)

又、日本語字幕を見る方法は以下のページで公開されています。
Star Wreck Subtitles!
http://nevins.jp/Works/StarWreck/index.html

ただ、上記の方法では、WindowsXP Proでは見る事が出来ませんでした。フォントの設定をしても、文字が化けてしまい、読み取る事が出来ないのです。
スラッシュドットジャパンの記事でも同じ事が書いてあり、皆さん苦労した
ようです。先の記事では「HG丸ゴシックM-PROとかだったら文字化けしない」と言う事でしたので、Windows2000 Proで先のフォントに設定して再生してみたら、問題無く再生可能でした。

しかし、海外の自主作品映画は結構凄いのが多いんですね....
posted by alpha7 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18806075
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。