2006年02月18日

Cut Part of German PrettyCure

alpha7です。

ここ2日ばかり、SeeSaaのサーバーに障害が発生した模様で、ページ表示が不可になるなど、色々と困る事が起きています。
とは言え、SeeSaaの皆さんの素早いアナウンスには頭が下がります。
明日も03:00〜09:00までメンテナンスの為、ページ表示などが不可能になるようです。

さて、「プリキュア」のDVD第1巻を見ることが出来ました。

それを見て気がついた事。

それは、
「完璧にオリジナルを放送したと思われた、ドイツ語版『プリキュア』の第1話にもカットされた部分がある。」
と言う事でした。

因みにRTL2が配信している動画とオリジナルを見比べてみた所、カットされている部分は全体で15秒程。
カットされたのは本編(Aパート)が始まって1分58秒程から2分10秒位までの箇所。

美墨なぎさが教室に入る為に下駄箱から上履きを出そうとするシーン。

なぎさ:(下駄箱から上履きを出そうとすると、封筒3通が床に落ちる)「あっ」
志保:「これってラブレターじゃない?」
莉奈:「なぎさもモテモテじゃん」
なぎさ:「いや〜ぁ。あっ。(封筒を確認する)」
志保:「でも、でも、でも、ぜ〜んぶ女の子からでした。」
莉奈:「流石、なぎさ、モテモテ」
なぎさ:「やかましい!」

ウーン、日本では問題無し、と思われるのですが、ドイツでは「ヤバい」と判断されたようですねぇ。
まあ、ラブレターと言うと男から女へ、女から男へ、と言うのが普通ですから、上記のようなシュチュエーションは「同性愛」を連想させると言う事なのかもしれませんね。(2/21追記)しかし、良く考えてみると、上履きに変えると言う習慣は日本位なのかもしれません。そう言う意味もあってドイツではカットされたのかもしれませんね。
posted by alpha7 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドイツ版 DVD のほうには、ちゃんと入ってましたよ。

「全部女の子から〜」のところも、そのままでした。
Die Briefe sind alle von Madchen geschrieben.
(Madchen の2文字目はウムラウト付き)

もしかしたら、テレビ放送版とプレビュー版からは外されていたのかもしれません。

Fansub だと、上履きのような日本独自の習慣が出てくると、字幕で解説が出ていましたが… 商業版 DVD にはありませんでした。
Posted by Fuku-nyan at 2006年02月26日 01:30
alpha7です。

ウーン、DVDに収録された時はそのままだったんですか....。

そうなると、Fuku-nyanさんの言われるとおり、プレビュー版とTV放映版からだけ削除されたのかもしれませんね。

尚、最新の記事にもありますが、「プリキュア」は米国進出も決めたようです。
欧州・アジアを攻略、北米では吉と出るか、蛇と出るか....
Posted by alpha7 at 2006年02月26日 21:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13435634
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。