2005年12月26日

PrettyCure will be back!

alpha7です。

まずはドイツから。
去る9/5からRTL2で放送開始され、様々な話題を振りまいた「ふたりはプリキュア」こと"Pretty Cure"ですが、ドイツの情報サイトPummelDexAnimeDigitalによれば、来年2月から再放送を行う事が決定した模様です。
10月にはボーカルアルバムCD、12月にはDVDも販売されている「プリキュア」ですが、Pokitoのレギュラーとなった模様ですね。
なぎさ・ほのかのコンビはドイツのファンも確実に魅了したようです。

続いて米国から。
去る12/23にAnimeNewsNetwork(ANN)が伝えた所では、「『ポケモン』と言えば4Kidsが海外では版権を持つ」と言う、これまで常識がひっくり返る事になりそうです。
来年1/1から、4Kidsの持つほぼ全ての権利がPokemon USAに移る事になりそうで、4Kidsのドル箱(?)とも言える作品の配給権が消えてしまうようです。
ただ、「アニメ!アニメ!」によれば、これは1997年に結ばれた8年契約が切れるため、との事ですが、海外では「ポケモン」人気に翳りが出ているようなので、4Kidsにしてみれば「肩の荷が下りた」と言う側面も否定は出来ないようです。
さて、ポケモンの海外戦略、2006年はどうなるのでしょうか?

追伸:尚、ブラジル版「ミュウミュウ」のタイトルは"As Super Gatinhas"となるそうです。
posted by alpha7 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。