2006年10月31日

Moeten Report

alpha7です。

これまで、東京・京都・大阪の「萌え店」レポートはこのブログに投稿してきましたが、ブログの趣旨に合わないと判断し、これらのレポートは今後、「萌え店レポート」として別のブログに掲載する事としました。

「萌え店レポート」のURLは以下の通りです。

http://blog.goo.ne.jp/moeten_repo/

最初のレポートは明日、11/1の「アフィリアハロウィンパーティ」です!!
posted by alpha7 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

Follow up News for WCS2007 Part.2

alpha7です。

去る8/25にWCS2007の公式サイトがスタートしましたが、これについてブラジルのレイヤー情報を集めたCosplay Brasilに関連情報が掲載されていましたので、お知らせします。
タイトルは"World Cosplay Summit 2007: Começam as preparações"。日本語に訳すと、「WCS2007、代表選抜始まる」

一寸面白い内容もあるので、この全文を翻訳をお届けしたいと思います。

(以下、翻訳文、英語翻訳したものの翻訳。原文はポルトガル語)

WCS2007、代表選抜開始。

Written by Ferio Siqueira
Translated by alpha7


8/25、正式にWCS2007の代表選抜が開始されたと発表があった。
一日遅れて、8/26に公式サイトに、世界各国で開かれる代表選考会の情報と関連記事が掲載された。

公式サイトによれば、WCS2007には世界11カ国が参加する。今年参加した9カ国以外の2カ国は確認されてはいないが、様々な情報から判断して、米国とメキシコとなるようである。

主要な国々での代表選抜はもう始まっており、名古屋を目指す熱い戦いが始まっている。9月にはドイツのConnichiで代表選抜が行われ、それに続いて、スペインのSalon del Manga、イタリアのThe Romicで代表選抜が行われる予定である。

尚、WCS2007のレギュレーションは以下の通りである。

(1):各国代表は2人1組で参加。

(2):コスプレ内容は日本のマンガ・アニメに関連したモノである事。

(3):全ての衣装は手作りである事。既製の服・アクセサリーは使用禁止。

(4):コスプレ内容は同一のアニメ・マンガ作品の登場人物である事。

(5):代表は18歳以上である事。18歳以下の場合は後援団体の許可と保護が必要。

(6):WCS期間中の撮影された映像・写真などのメディアはテレビ愛知に帰属する。尚、それらメディアはWCS2007終了後のテレビ愛知に帰属し、関連番組に使用したり、Webへの掲載が行われる。

(7):各国代表はWCS2007成功の為、一致協力する事。

(以上、翻訳文)

テレビ愛知の正式のコメントが無いので何とも言えないのですが、米国復帰となるかもしれない、と言うのは歓迎すべき事なのでしょう。

昨年のイベントで英語通訳のエドに、「メキシコも呼んだら?」と言った事があったのですが、あまり良い返事が返って来ませんでした。
どうなるかは不明ですが、成り行きを見守って行きたいと思っています。
posted by alpha7 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | WCS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Moeten Report is moving....

alpha7です。

これまで、東京・大阪などの「萌え店」レポートをこのブログに掲載してきましたが、これら「萌え店」レポートを独立させ、別のブログとする事にしました。

詳しくは近日お知らせします。
posted by alpha7 at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Brazilian representation for WCS2007

alpha7です。

去る8月初めに行われたWCS2006で優勝を果たしたペアを排出した国、ブラジルですが、その代表の後援を行っているJBCの発行する雑誌HENSHINのサイトに来年のWCS参加のためのレギュレーションが10/19付けで発表されました。

詳しくはこちら

更に、JBCはWCS2007のブラジル代表を来る12/2〜3にサンパウロ州の南、リオ・グランデ・ド・スル州の州都ポルト・アングレで開かれるAnima Weekendで選抜することも10/28付けで発表しました。

それに関しての詳細はこちら

流石に、サンパウロ州偏重に批判があったのでしょうか。
JBCもサンパウロから離れた場所での開催されるイベントで代表を選抜するようです。

しかしながら、今年のペアにも負けるとも劣らない代表を派遣してくれる事が期待できます。とは言え、今年3位となったイタリアや、2003年から「皆勤」を果たしているドイツなどもレベルの高い代表を送り込んでくるもの、と思われます。

ともあれ、ブラジル代表を影ながら応援する当方としては、今年もテレビ愛知の発表よりも前にブラジル代表の選抜の行く末を見守って行きたいと思っております。
posted by alpha7 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | WCS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。