2007年08月06日

WCS2007 Championship

alpha7です。

8/5、WCS2007選手権が名古屋栄のオアシス21で開催されました。
そのレポートをお送りします。

現地には14:47頃到着。
席は一杯だ、と言われたが一応列に並んでみました。
当方、列の一番最後尾。
入れるかいなぁ・・・。
中川翔子目的で来てる人、やはり、多いよなぁ・・・。
15:30頃から、「アニキ」こと水木一郎氏がステージでリハーサルを開始。
イベント前なのに、もの凄い盛り上がりでした。

これは、場合によっては取材中止かも・・・。
と思っていたら、16:10に開場。
しかし、観戦エリアには結局入場できず。
16:45頃、館内放送で注意事項の説明。
17:00からエキシビジョン、忍者ショー「忍」が執り行われました。

その後、17:35頃、当日深夜に放送される特別番組OPの収録についての説明があり、その後、17:45頃、OPの収録。

18:00予定通り、選手権開始されました。
最初はスペイン、「ローゼンメイデン」。
去年の「ベルセルク」は外した、と言う感じでしたが、今年の「ローゼン」は会場の観客が食い入るように見つめていたのが、印象的でした。
2番目はフランス
フランス代表の演技は会場の笑いを誘っていました。更に、「ハルヒダンス」まで見事に演じ切っていたのは流石、と言う感じでした。
3番目はドイツ、「セラムン」
4番目はデンマーク、「トリニティブラッド」
5番目はメキシコ、「セラムン」
6番目はイタリア、「ツバサ」
7番目はタイ、「トリニティブラッド」

19:15頃、前半終了。
しょこたんこと、中川翔子氏のミニライブ。
「空色ビーズ」、「にぶんのいち」2曲を披露。

19:28頃、後半の選手権が開始されました。
8番目は日本Cチーム、「コードギアス」
9番目はブラジル、「犬夜叉」
10番目はシンガポール、「サクラ大戦」
11番目は中国、「X」
12番目は韓国
アクションが息がピッタリで、これまでで会場から最も声援がとんでいた感じでした。
13番目は日本Bチーム、「デスノート」
14番目は日本Cチーム、「ドラゴンボール」
トリを勤めたこのコンビ、一番息が合っていない、と言う感じを受けました。
しかし、それもその筈。
マイクが故障してしまったのが、原因とか。
そのハプニングが無ければ、かなりの線まで行ったのでは、と一寸惜しまれました。

20:30から水木一郎氏のコンサート。
「マジンガーZ」
「コンバトラーV」
「鋼鉄ジーク」
「バビル2世」
中川翔子とコラボ。
「夜の銀ぎつねとたぬき」
「道」
「宇宙海賊キャプテン・ハーロック」
「ルパン3世・愛のテーマ」
を披露。

21:02頃から審査結果の発表。
ブラザー賞はメキシコ、
準優勝は日本Bチーム
優勝はフランス。
最後は全員で「マジンガーZ」を歌ってエンディング。
21:23、予定から23分オーバーしてすべての日程が完了しました。

今年は去年と違い、全てがレベルが高く、「ネタ」を外した、と思われる代表が居なかったな、と言う感じでした。
その為、どの代表が優勝をさらっても不思議では無いのですが、その中で会場の笑いや関心を引いたフランスが一歩先んじた、と言う印象をうけました。

ただ、今年も北米代表である米国が復帰しませんでした。
今尚、一昨年のしこりが残っているのが原因なのでしょうが、一日も早く米国側主催者と和解される事を強く望んでやみません。

又、以前から是非参加して欲しいと思っているオセアニアからの参加が無かったのも惜しまれるところです。
オセアニアと言えば、豪州・ニュージーランドが最有力候補となるのでしょうが、来年は是非この2カ国うち1カ国でも良いので呼んでもらいたい、と思います。

所で写真もあるのですが、こちらは只今整理中です。
完了したらアップしますね。
posted by alpha7 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(1) | WCS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

Cosplay Parade for WCS2007

alpha7です。
久しぶりに投稿になるなぁ。

本日、WCS2007第一日目のイベント「コスプレパレード」が執り行われました。

そのレポートを。

WCS2007の参加国は昨年の9カ国から拡大し、日本・韓国・中国・タイ・シンガポール・スペイン・イタリア・フランス・ドイツ・デンマーク・メキシコ・ブラジルの12カ国。
今年も北米代表・米国からの参加がないのは淋しいところ。
又、太洋州代表の参加も無いのも残念なところ。

当方、現地には15:20頃到着。
現地入りするレイヤーさんもチラホラ。
15:45頃、パレードの準備が始まり、レポーターとしてよぞらさんとりゅうさんが来ていた。

15:55、予定より5分早くパレード開始。

IMGP0591.JPG

IMGP0602.JPG

IMGP0604.JPG

16:30頃、パレード終了。

IMGP0614.JPG


17:15から大須観音境内でお披露目。
凄い人で写真を撮るのもままならず、といった感じでした。

IMGP0629.JPG

IMGP0632.JPG

当日、沿道には「シンデレラの屋根裏」のかぐらさん達や、M's Melodyのメイドさん、会場の大須観音にはアフィリア名古屋の「後輩」の姿もあり、WCS2005優勝者のジョルジアさんも顔を出していました。

IMGP0639_edited.JPG

17:30からステージイベント。
しかし、雨の為、20分ほど中断。

IMGP0640.JPG

その為、レイヤーさん達はホテルに緊急避難。ステージイベントは中止となってしまい、明日の選手権に期待、となってしまいました。

今年は良い写真撮れなかったなぁ・・・。


posted by alpha7 at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | WCS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

Update for Blog & Webpage

alpha7です。

昨年、11月を最後にこちらのブログをサボっていましたが、今日からは少しづつでも更新して行きたいと思っております。

さて、本日は少しページを模様替えしました。

まず、翻訳作品Indexから、以下の2作品を削除しました。

「オミテンの伝説」
「HERZ」


「オミテンの伝説」は作者PiggyHoHo氏主宰のWebPageの運営方針が変わり、その後、別のサイトに作品を全面移転しましたが、この移転先のページが消滅してしまいましたので、これ以上翻訳を続ける意味が消えてしまった、と言うのが主たる理由です。

「HERZ」は秀作であり、削除は心苦しい所があったのですが、当方がマルチパート作品の翻訳がキツくなってきたので、少しでも負担軽減と言う事で削除に踏み切りました。

これにより、PiggyHoHo氏は作者一覧から名前を削除。E.L.Toh氏からは「HERZ」を削除しました。英語ページからも上記2点は削除し、英語リンク集も手直ししました。
Fanfic.jpにあるアーカーブからも近い内に先の2作品を削除いたします。
更に、本日Asuka.Netにあったコンテンツを全て削除しました。

又、このブログに掲載されていた「萌え店」関連のレポートは10月分と11月分のレポートをgoo blogの方に移動し、こちらからは削除しました。
但し、コメントやトラックバックがある記事もあるので、これらの記事については、そのままこちらのブログにも残しました。
posted by alpha7 at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

Follow up News for WCS2007 Part.3

alpha7です。

去る11/16、テレビ愛知のWCS2007公式サイトにWCS2007の10カ国目の参加国が発表されました。

10カ国目の参加国は米国の南隣のメキシコ。
ラテンアメリカ諸国からは、ブラジルに次いで2カ国目。
スペイン語を公用語とするイベロアメリカ諸国としては、初参加となります。

メキシコは日本アニメ・マンガ熱の高い国。
以前、「所さんの笑って許して」で日本・メキシコの両国の友好を記念して設立された「日墨文化学院」で日本語を学ぶメキシコの人々を取材していましたが、「アニメやマンガで日本語を覚えた」と言う方が結構多く、日本人として、一寸嬉しくなった事がありました。

そのメキシコから、生え抜きのレイヤーが来名する訳ですから、これは期待できそうですなぁ…。
ブラジル代表には当然期待していますが、メキシコ代表にも期待大です!!
posted by alpha7 at 21:05| Comment(1) | TrackBack(0) | WCS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

Asuka.Net was returned!

alpha7です。

さて、昨年、8月にほぼ同時に落ちてしまったAsuka.NetのWeb及びMail Serverですが、本日、復帰している事を確認しました。

但し、Asuka.Netへの再度コンテンツの移動は行わず、そのままAniFanfic.Com(InterQ)での運営を続けていく予定です。

Asuka.Netの方は「萌え店」関連のコンテンツを置こうと思っていますが、現在、どうしような、とも思っています。
Webのコンテンツって、結構難しいものですねぇ…
さて、どうしたものか....
posted by alpha7 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

Dragon Ball Returns to U.S. Television

alpha7です。

去る11/12に米国のAnime News Network(ANN)が伝えた所では、「ドラゴンボール」が米国の茶の間に帰ってくる、と伝えています。

「ドラゴンボール」は日本でも根強い人気を保っていますが、米国でも、一時の勢いは無いものの、やはり人気作品の1つには違いないようです。

放映開始は本日11/13から。
放映時間は「ドラゴンボール」の版権を持つFUNimation Entertainmentが所有するFUNimation Channelの一部であるCoLours TV Networkで毎週月曜日〜金曜日の東部標準時22:00から。

やはり、モノがモノだけに(?)、夜の放送ですが、その時間に放映される、と言う事は、カット場面などの無い作品が放映されるものと思われますが、この辺についての詳細は不明です。。
posted by alpha7 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

Anime Podcast from UFA Anime

alpha7です。

ドイツのAnimeXXが去る10/30に伝えた所では、去る10/25からドイツで日本アニメビデオ・DVD販売の最大手UFA AnimeがPodcastを使った番組"ufa Anime Podcast"の配信を開始したとのことです。

これまで、日本アニメ関連Podcastというと、米国のRightStuf Internationalの"Anime Today"、ADVFilmsの"DVD Dojo"、豪州のMadman Entertainmentの"Anime Snack Time"と言った英語圏からのものばかりでしたが、英語圏以外、それも欧州からの日本アニメ関連のPodcastは初めて、と思われます。

ドイツと言うと、日本アニメ熱が高い国。むしろ、今までこう言うのが無かったのが不思議と言えば不思議なのかもしれませんが....

早速、Mac MiniのiTunesでダウンロードしてみましたが....
やはり、ドイツ語ですねぇ。
しかし、映像付きなので、まだ楽しめるます。
第1話(Episode 1)は「天空の城・ラピュタ」の紹介に始まり、9月にカッセル市で開かれたConnichiの模様、その次の「キャプテン・ハーロック」の紹介では原作者・松本零士氏のインタビューが収録されていました。最後は、これもジブリ作品でしたが、「もののけ姫」が紹介されていました。

このPodCastでは、Tinikoという謎の少女(影の姿しか分からず。目の輪郭しか分からない)が進行役を務めています。
ドイツ語とは言え、第2話が楽しめそうです。
posted by alpha7 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

Bandai Channel Blocked from Foreign Access.etc

alpha7です。

ウーッ、久々の海外情報です。まずは落ち着いて行きましょうか....。

去る11/2にAnime News Network(ANN)が伝えた所では、インターネットを使ってアニメ作品を配信するBandai Channelが日本国外からのアクセスを遮断した、と伝えています。
ANNにこれに対する議論のスレッドが立っていますが、「日本国外からのアクセスをどのように遮断できるのか?」と言うスレッドに始まり、中には匿名プロキシを使ってアクセスし、「FireFoxをクラッシュさせてしまった」と言う人もいるようです。

まあ、アクセス遮断はIPの振り分けで簡単に出来ますし、匿名プロキシでも元IPを完全に隠し通せるものではありません。
海外からの違法ダウンロードに対する対抗措置なのでしょうが、せめて予告編くらいは勘弁してやれよ、と言う気がしないでもありません。

更に、ANNは11/1に米国のCartoon NetworkがMBS系で放映されたBLOOD+の放映権を手中に収めた、とも伝えています。
ただし、北米で版権を持つソニーピクチャーズや、Cartoon Networkからの正式な発表は無いので、暫くは様子見と言う事のようです。
posted by alpha7 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

Moeten Report

alpha7です。

これまで、東京・京都・大阪の「萌え店」レポートはこのブログに投稿してきましたが、ブログの趣旨に合わないと判断し、これらのレポートは今後、「萌え店レポート」として別のブログに掲載する事としました。

「萌え店レポート」のURLは以下の通りです。

http://blog.goo.ne.jp/moeten_repo/

最初のレポートは明日、11/1の「アフィリアハロウィンパーティ」です!!
posted by alpha7 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

Follow up News for WCS2007 Part.2

alpha7です。

去る8/25にWCS2007の公式サイトがスタートしましたが、これについてブラジルのレイヤー情報を集めたCosplay Brasilに関連情報が掲載されていましたので、お知らせします。
タイトルは"World Cosplay Summit 2007: Começam as preparações"。日本語に訳すと、「WCS2007、代表選抜始まる」

一寸面白い内容もあるので、この全文を翻訳をお届けしたいと思います。

(以下、翻訳文、英語翻訳したものの翻訳。原文はポルトガル語)

WCS2007、代表選抜開始。

Written by Ferio Siqueira
Translated by alpha7


8/25、正式にWCS2007の代表選抜が開始されたと発表があった。
一日遅れて、8/26に公式サイトに、世界各国で開かれる代表選考会の情報と関連記事が掲載された。

公式サイトによれば、WCS2007には世界11カ国が参加する。今年参加した9カ国以外の2カ国は確認されてはいないが、様々な情報から判断して、米国とメキシコとなるようである。

主要な国々での代表選抜はもう始まっており、名古屋を目指す熱い戦いが始まっている。9月にはドイツのConnichiで代表選抜が行われ、それに続いて、スペインのSalon del Manga、イタリアのThe Romicで代表選抜が行われる予定である。

尚、WCS2007のレギュレーションは以下の通りである。

(1):各国代表は2人1組で参加。

(2):コスプレ内容は日本のマンガ・アニメに関連したモノである事。

(3):全ての衣装は手作りである事。既製の服・アクセサリーは使用禁止。

(4):コスプレ内容は同一のアニメ・マンガ作品の登場人物である事。

(5):代表は18歳以上である事。18歳以下の場合は後援団体の許可と保護が必要。

(6):WCS期間中の撮影された映像・写真などのメディアはテレビ愛知に帰属する。尚、それらメディアはWCS2007終了後のテレビ愛知に帰属し、関連番組に使用したり、Webへの掲載が行われる。

(7):各国代表はWCS2007成功の為、一致協力する事。

(以上、翻訳文)

テレビ愛知の正式のコメントが無いので何とも言えないのですが、米国復帰となるかもしれない、と言うのは歓迎すべき事なのでしょう。

昨年のイベントで英語通訳のエドに、「メキシコも呼んだら?」と言った事があったのですが、あまり良い返事が返って来ませんでした。
どうなるかは不明ですが、成り行きを見守って行きたいと思っています。
posted by alpha7 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | WCS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。